INFORMATION

お知らせ

NAGASHIKI SHIPPING CO., LTD.
2020年8月13日
当社船 座礁及び油濁発生の件 第4報


 モーリシャス政府より当社へ賠償請求をするとした発言があったことは報道で確認しております。当事者としましての責任を痛感しており、賠償については適用される法に基づき誠意を持って対応させていただくつもりです。モーリシャスの皆様や関係者の皆様にたいへんご迷惑をおかけしており申し訳ございません。引き続き流出油の回収、環境汚染への影響を最小限に抑えるべく、全力で取り組んでまいります。(代表取締役 長鋪 慶明)


1.油濁の防除状況(8月13日現在)
 本船は座礁した日本時間7月26日時点で燃料としての重油約3,800トンと軽油約200トンを保有していました。
 既に船外に流出した油約1,000トンを除き、本船上に残っていた油(推定約3,000トン)は現地時間8月12日までにほぼ全量を回収できたと見られます。
 引き続きタンク内の残油の確認、回収と流出油の回収に努力し、環境への影響を最小化することに全力を尽くしております。

 当社は油濁に関する専門機関並びにサルベージ会社と契約し、モーリシャス当局と綿密に連携 して、油濁拡大の軽減に継続して取り組んでおります。専門機関のスタッフも現地入りし、油の 流れと潮汐パターンの監視も行われています。流出油の流れを調整する約1,520mのオイルフェンスが効果的に展張されていることを確認しております。専門機関のスタッフの指導のもと、オイルフェンスの追加配備も計画しております。流出油対応チームが精力的に活動し、特殊な流出油対応機器も投入されています。その中には当局の指示に沿って流出油を回収、浄化するスキマー、ポンプ、吸着材等々が含まれています。

2.本船の状況
 船体やや後方の8番貨物艙付近の亀裂が進行している事が確認されました。本船は専門家チームにより継続的に監視されていますが、万一折損した場合に備えて船体前方部分が漂流しないように タグボート1隻と繋船しています

3.その他
 当社が現地での対応のため派遣した人員はすでに現地に到着しています。人員の追加派遣や物資の輸送についても引き続き検討中です。モーリシャス並びに日本の関係当局と連携して、早期の事態解決に向けて取り組み、環境保護と油濁の拡大防止に全力を尽くします。


【本船要目】
船 種:ばら積み貨物船
全 長:299.5メートル
全 幅:50.0メートル
乗組員:20名(インド人 3名、スリランカ人 1名、フィリピン人 16名)
船 籍:パナマ
船 主:OKIYO MARITIME CORP.(長鋪汽船株式会社の子会社)
竣工年:2007年5月

関連記事一覧

Translate »