INFORMATION

お知らせ

NAGASHIKI SHIPPING CO., LTD.
2020年8月11日
当社船 座礁及び油濁発生の件 第3報


 1.油濁の防除
 本船は座礁した日本時間7月26日時点で、燃料としての重油約3,800トンと軽油約200トンを保有していました。日本時間8月11日早朝までに、重油約1,020トンは小型タンカーへ抜き取り回収し、破損したタンク内にあった約1,180トンのうち船外に流出したと推定される約1,000トンのうち推定約460トンは海上および陸上(海岸)から手作業で回収されました。本船上には重油約1,600トンと軽油約200トンが残っており、引き続き回収作業を継続します。

2.本船の状況
 本船の船体に入っている亀裂が拡大していることを確認しました。状況は常にサルベージ専門家チームにより厳重に監視されています。本船は自力航行不能のため、折損しても船体が漂流しないようにタグボートと繋船しています。

3.貨物の状況
 本船に積み荷はございません。

4.その他
 当社は本日、現地での対応のため2名の社員を派遣しました。両名はPCR検査の陰性結果を確認し、現地へ向け出発しました。人員の追加派遣や物資の輸送についても引き続き検討中です。モーリシャスおよび日本の関係当局と連携して、早期の事態解決に向けて取り組み、環境保護と油濁の拡大防止に全力を尽くします。


【本船要目】
船 種:ばら積み貨物船
全 長:299.5メートル
全 幅:50.0メートル
乗組員:20名(インド人 3名、スリランカ人 1名、フィリピン人 16名)
船 籍:パナマ
船 主:OKIYO MARITIME CORP.(長鋪汽船株式会社の子会社)
竣工年:2007年5月

関連記事一覧

Translate »